洗練されたカット法|大切な結婚指輪を選ぶ時は色々なお店を回ろう

洗練されたカット法

花嫁と花婿

指を美しく見せるカット法

神戸は関西でもオシャレな街として知られています。多くのジュエリーショップが立ち並んでいる事から、品質の高い婚約指輪が選べるとして神戸を訪れるカップルも少なくありません。神戸のカップルはダイヤモンドの、婚約指輪を選ぶケースが多いようです。ダイヤモンドはカット法によって、見た目のイメージが大きく変わる宝石です。例えば、マーキスカットは指を細く美しく見せる、カット法と言われています。マーキスカットは船を上から見たような、楕円形をしているカット法です。15世紀のヨーロッパで大流行したカット法で、クラシカルな見た目がポイントです。楕円形といっても両端はシャープに尖っているので、マーキスカットのダイヤモンドを指にはめると視覚効果で、指がキレイに見えます。

小粒でもインパクト大

ダイヤモンドの婚約指輪は全国的に人気です。神戸のカップルにもダイヤモンドの婚約指輪が選ばれているのですが、中には「ダイヤモンドの指輪は高い・・」と、購入を躊躇している男性もいるのではないでしょうか。ファッションリングと違い婚約指輪は、年齢を重ねても身に着ける事になります。年齢を重ねるとサイズが大きい宝石が好まれる為、婚約指輪に装飾する宝石も大き目を選ぶのが良いと言われています。ただ、価値の高いダイヤモンドの場合、カラット数が大きいと当然費用も高額です。ですが、カット法によっては小粒なダイヤモンドも、比較的大きく見せる事が出来ます。楕円形が特徴的なマーキスカットは、他のカット法に比べ同じ大きさでもダイヤモンドが大きく見えるという点が魅力です。少しでもインパクトのある指輪をいう場合、マーキスカットされたダイヤモンドをあしらった、婚約指輪を選ぶのも良いでしょう。